1. サイトTOP
  2. 乳酸菌・ビフィズス菌の基礎知識
  3. ≫ 乳酸菌やビフィズス菌の種類はどんなものがあるの?

乳酸菌やビフィズス菌の種類はどんなものがあるの?

  • 最終更新日:2018年10月23日

 

乳酸菌とビフィズス菌の違いとその種類って?と書かれていて、腸と乳酸菌とビフィズス菌のイラストが描かれている画像

 

1.はじめに

腸内環境のために乳酸菌を摂ろう!と思ったそこのあなた!

 

乳酸菌といっても沢山の種類があります!そして菌によってその性質も違うのです!

 

どんな種類があるのか、その代表的な菌を紹介します。

 

2.乳酸菌とビフィズス菌の違いって?

乳酸菌もビフィズス菌も「善玉菌」と呼ばれる腸内環境を良い状態に保つ働きをする細菌です。

 

★乳酸菌

人の体内や植物、動物などの自然界に広く分布し、乳酸を作り出す。

●腸内善玉菌中の占有割合:1%

 

★ビフィズス菌

人や動物の大腸内に棲息し、自然界には存在していない。乳酸のほかに、酢酸や葉酸などを作り出す。

●腸内善玉菌中の占有割合:99%

 

乳酸菌は乳酸を作り出すのに対し、ビフィズス菌は乳酸だけでなく、酢酸なども作り出します。

 

乳酸はお腹の中の活動を活発にし、消化が促され腸内が酸性に傾き、その結果悪さをする悪玉菌の増殖を抑えることが出来ます。

 

酢酸は強い殺菌力をもち、腸内環境を整えてくれます。

 

3.乳酸菌の種類

乳酸菌の種類と記載があって、乳酸菌のイラストが描かれている画像

 

乳酸菌の種類は、なんと100種類以上もあると言われています。

 

今回は、その中でも代表的種類その特徴を紹介します。

 

★EC-12株

乳酸菌を殺菌処理したもの。死菌と呼ばれ耐熱性に優れているので、体の中に入っても安定した働きが期待できる。

 

★ラブレ菌

【すぐき漬け画像】

京都の伝統的漬物の「すぐき漬」から発見された乳酸菌。酸に強く生きたまま腸内に届いて、体の内側から守る力を引き出す手伝いをしてくれる。

 

★クレモリス菌FC株

独特の粘りがあるのが特徴で、生きたまま腸まで届き、体の内側から元気をサポートしてくれます。

 

★ガセリ菌SP株

腸内でみ続けることが出来る菌。ついつい食べすぎてしまう人向けの乳酸菌。

 

★L・カゼイ・シロタ株

生きたまま腸にとどいて、お腹の調子を整えてくれます。

 

★プレミアガセリ菌CP2305株

脳と腸が強く影響しあっていることに着目し、体の内側から働きかけ緊張をほぐしてくれる。

 

★L-92乳酸菌

腸内のバランスを整えて、内側からの力をサポートしてくれる菌。

 

★1073R-1乳酸菌

体の守る力を高めて、強い体へと導きます。

 

4.ビフィズス菌の種類

ビフィズス菌の種類と記載があって、ビフィズス菌のイラストが描かれている画像

 

乳酸菌に沢山種類があることはご存知の方の多いと思いますが、実はビフィズス菌にも種類があります!

 

★ロンガム種BB536

人のお腹の中に住むのに適した菌で、お腹の調子を整える

 

★B.ビフィダムY株

腸だけではなく胃でも活躍する菌で、ストレスフルな社会を生きる人々を応援してくれる

 

★ビフィズス菌Bifix

腸の中で増殖することも期待出来、毎日のスッキリをサポートしてくれる

 

★ビフィズス菌BE80

ダノンが世界に展開しているビフィズス菌です。生きて腸まで届き、お腹の調子を整えてくれます

 

5.最後に

乳酸菌とビフィズス菌は同じ善玉菌でも別物で、それぞれ沢山の種類があり、その菌ごとにその特徴も違います。

 

それぞれの特徴を理解した上で、自分にあった乳酸菌や、ビフィズス菌を選びましょう。